ロッテ キャプ翼マンチョコ キャプ翼マンシール全20種

ロッテ「キャプ翼マンチョコ」キャプ翼マンシール全20種。


captsubamanchocoBOXtopcaptsubamanchocoBOXfrontcaptsubamanchocoBOXinside
captsubamanchocoBOXleftcaptsubamanchocoBOXright
captsubamanchocoBOXbottomcaptsubamanchocoBOXback

プライスカード
captsubamanchocopricecardo

パッケージ
captsubamanchocop1ocaptsubamanchocop1u1captsubamanchocop1u2

captsubamanchocop2ocaptsubamanchocop2u1captsubamanchocop2u2

「No.01 大空 翼」
captsubamanchocoNo01ocaptsubamanchocoNo01u
ポジションは小学生時はFW、中学生以降MF。「ボールはトモダチ」が信条で、小学生で「オーバーヘッドキック」、中学生で「ドライブシュート」をマスターし、「サッカーの申し子」と称される。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

幼い頃交通事故でボールに救われ、「ボールはトモダチ」になったとか。

「No.02 岬 太郎」
captsubamanchocoNo02ocaptsubamanchocoNo02u
ポジションはMF。画家の父親を持ち、全国各地を転々とする生活を送る。どんなタイプの選手ともすぐ合わせられる抜群のサッカーセンスと適応能力があり、「フィールドのアーティスト」と称される。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

日向を「小次郎」と名前で呼び捨てできるのは吉良監督以外では岬くらいとか。

「No.03 若林 源三」
captsubamanchocoNo03ocaptsubamanchocoNo03u
ポジションはGK。堅実で鉄壁の守備を誇り、ペナルティエリア外からのシュートは必ず止めるのが信条。「S.G.G.K(スーパーグレートゴールキーパー)」「東洋の守護神」等の数々の異名をとる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

ペナルティエリア外からゴールを奪ったのは歴史上5人もいないとか。

「No.04 日向 小次郎」
captsubamanchocoNo04ocaptsubamanchocoNo04u
ポジションはFW。努力型の最強ストライカーで、中学時代に「タイガーショット」、ユース時代に「雷獣シュート」を編み出し、その必殺技やプレースタイルから「猛虎」と呼ばれる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

孤高の一匹狼も、女性ファンからは「コジコジ」と呼ばれていたとか。

「No.05 三杉 淳」
captsubamanchocoNo05ocaptsubamanchocoNo05u
ポジションはMF・DF。小・中学生時代には翼に匹敵する技術、統率力も戦術眼を持つが、心臓病の持病のため短時間しかピッチに立てない悲劇の天才マルチプレイヤー。「フィールドの貴公子」と称される。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

オフサイドトラップを三杉から学んだ現役サッカー選手も多いとか。

「No.06 葵 新伍」
captsubamanchocoNo06ocaptsubamanchocoNo06u
ポジションはMF。小柄だが、スピードと豊富なスタミナが武器で、「直角フェイント」を得意技とする。その明るく無邪気な性格から「プリンチペ・デル・ソーレ」(イタリア語で「太陽王子」)と呼ばれる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

小学生時代、リフティング大会で立花兄弟を抑えて優勝したとか。

「No.07 石崎 了」
captsubamanchocoNo07ocaptsubamanchocoNo07u
ポジションはDF。翼や岬ほどの才能はないが、根性と努力の末に南葛SC・南葛中時代にレギュラーを獲得。ファンキーガッツマンと呼ばれ、「顔面ブロック」は彼の代名詞的なプレーとして知られる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

翼が南葛市に転入して初めて会ったのが石崎だったとか。

「No.08 松山 光」
captsubamanchocoNo08ocaptsubamanchocoNo08u
ポジションはMF・DF。翼のような天聖のサッカーセンスはないが、抜群のボールキープ力とド根性を持つ。「イーグルショット」が必殺技で、「北海の荒鷲(ワイルドイーグル)」の異名を持つ。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

作者がファンで北海道出身の有名歌手から名前をとったとか。

「No.09 ロベルト本郷」
captsubamanchocoNo09ocaptsubamanchocoNo09u
日系3世のブラジル人で元ブラジル代表の10番。網膜剥離を患い選手生命を奪われた。自殺を図ったところを翼の父に助けられ、その縁で来日したのをきっかけに翼のサッカーの師となる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

ロベルトノート52ページ目は、多くのサッカー選手に影響を与えたとか。
「翼、なぜサッカーはこんなにも楽しいんだろう。世界中で、もっとも愛され親しまれているスポーツ―サッカー。おれが思うに、それはもっとも単純でもっとも自由なスポーツだからじゃないだろうか?グラウンドに立てば、監督からのサインなど何もない。自分で考え、自分でプレイする。何にも縛られることなく。他の10人の仲間たちとただ一つ、ボールを目指し戦うスポーツ―サッカー。サッカーは自由だ。グラウンド中央、ボールを持ったらどうする?翼、何をしてもいいんだ。ドリブルをしても、パスをしても、シュートをしても。何もしないで止まっていたっていい。パスだって、前にも横にも、後ろにも、どこだってOK。それはドリブルだって一緒だ。翼、サッカーは自由だ。おれはそんなサッカーが大好きだ。だから、翼にも、サッカーをやり続けるならば、誰よりもサッカーのその楽しさを愛してほしい。」

「No.10 南葛SCイレブン」
captsubamanchocoNo10ocaptsubamanchocoNo10u
全国大会のために結成された、南葛小と修哲小を中心とした南葛市選抜チーム。翼、若林、岬、石崎らが在籍し、全国大会で優勝する。当初は若林がキャプテンで、負傷のため翼が引き継ぐ。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

南葛SCという名のクラブチームがリアルに存在するとか。

「No.11 大空 翼 VS 若林 源三」
captsubamanchocoNo11ocaptsubamanchocoNo11u
翼にとって若林は最初のライバル。南葛市に引っ越した翼が当時修哲小のGKだった若林に丘の上からボールを蹴って挑戦状をたたきつけた。ロベルトが上げたセンタリングで2人が初対決する。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

翼が若林へ蹴ったボール(挑戦状)の飛距離は常識を超えているとか。

「No.12 大空 翼 & 岬 太郎」
captsubamanchocoNo12ocaptsubamanchocoNo12u
岬が南葛小に転校して以来2人は盟友となり、抜群のコンビプレーは「ゴールデンコンビ」と称され、南葛SCの全国制覇に大きく貢献した。そのときの決勝で偶然ながら「ツインシュート」を初披露した。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

ツインシュートは記録上、岬のアシスト、翼のゴールだったとか。

「No.13 立花兄弟」
captsubamanchocoNo13ocaptsubamanchocoNo13u
ポジションはFW・MF。兄・政夫と弟・和夫の双子プレイヤー。2人でのアクロバティックなコンビプレーを得意とし、「スカイラブハリケーン」等の必殺技を持ち、「空中サッカーの申し子」と呼ばれる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

スカイラブハリケーンを真似する子供を禁止する学校があったとか。

「No.14 大空 翼」
captsubamanchocoNo14ocaptsubamanchocoNo14u
ロベルトが残したノートの助言に従い、南葛中学へ進学すると同時にFWからMFへ転向。V3を目指して死闘を繰り広げた3年時の全国大会の間に、満身創痍ながらドライブシュートを完成させた。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

漫画に影響を受け、自分の子供を「翼」と名づけた人も多いとか。

「No.15 大空 翼 & 日向 小次郎」
captsubamanchocoNo15ocaptsubamanchocoNo15u
小中学時代の2人は互角であり、ずっとライバル関係だった。小学生の全国大会が初対決で、中学時代は南葛V2で迎えた3年時、東邦学園日向のタイガーショット連発で引き分け、両校優勝となる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

当初の「南葛中優勝」から「両校優勝」へストーリーが途中で変更されたとか。

「No.16 大空 翼 & 中沢 早苗」
captsubamanchocoNo16ocaptsubamanchocoNo16u
中沢早苗は通称「あねご」。翼が南葛小に転校してきた時に一目ぼれし、以降応援団で支援する。中学ではおしとやかな女性に成長し、3年生の時に翼より告白を受け相思相愛となる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

中学時代に早苗をめぐり、翼はボクサーの同級生と喧嘩したとか。

「No.17 大空 翼 & 日向 小次郎 & 葵 新伍」
captsubamanchocoNo17ocaptsubamanchocoNo17u
永遠のライバルである大空翼と日向小次郎。そして誰よりも翼を尊敬してやまない葵新伍が日本ユース代表に招集されて以来、この3人が日本のサッカー界を背負っていくこととなる。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

葵が中学時代にサッカーをやめるのを思い留まらせたのが翼だったとか。

「No.18 大空 翼」
captsubamanchocoNo18ocaptsubamanchocoNo18u
中学卒業後ブラジルへ渡りプロとなった。その後はスペインリーグへの移籍を果たし、リーグ優勝にも大きく貢献。各世代の日本代表でも中心選手として大活躍する。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

このイラストのポーズは「キャプテン翼展」でも使われていたとか。

「No.19 スーパーゼウス & 大空 翼」(シークレット)
captsubamanchocoNo19ocaptsubamanchocoNo19u
ともに1980年代のブームを創ったスーパーゼウスと大空翼! キャプテン翼はその後の日本サッカー発展に大きく貢献し、ビックリマンはおまけ付き菓子の概念を大きく変えた。まさに80年代ゴールデンコンビ。

☆キャプ翼マンのウワサ☆

ビックリマン担当者がキャプテン翼の大ファンで実現したコラボシールだとか。

「No.20 大空 翼」(シークレット)
captsubamanchocoNo20ocaptsubamanchocoNo20u
作者・高橋陽一先生がビックリマンのために描き下ろしたサインとイラスト!“キャプ翼”は日本のみならず世界のサッカー選手達のファンも多く、まさにサッカー界のスーパーゼウスなのだ!

☆キャプ翼マンのウワサ☆

サインを貰って大喜びしたプロ選手は数知れないとか。

カテゴリー: 図鑑 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です